ActiveSupport::MessageEncryptorを使って暗号化

以前MessageEncryptorを使った暗号化を紹介したのですが、Rails 5.2では若干使い方が変わっていたので紹介します。

ドキュメントに従い、以下のように書き直します。

なぜ使い方が変わったのかと言うと、

これまではkeyに長過ぎる値を渡した場合は勝手に正しい長さに切り取ってくれたが、「想定外の結果(unexpected encryption/decryption results)」を引き起こすとして、正しい長さのkeyを渡さないと例外がraiseされるようになった。

ActiveSupport::MessageEncryptorを慎重に使う – nisshieeのブログ – https://nisshiee.hatenablog.jp/entry/2017/04/17/192703

ということらしい。

そのため以前のコードを実行するとエラーになります。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.